熊本市東区桜木にあるバイクショップです。パンク修理から車検、レストアまでバイクのことならお任せください。

セロー225の修理

セロー225の修理

先日、Eさんからセロー225にPWK28をつけて欲しいとの依頼がありました。
ノーマルの負圧キャブからこのキャブに交換すると、レスポンスが格段によくなるとネットで評判のようです。

スロットルホルダー、エアダクト、インシュレーター等も交換しましたが、取り付け作業自体は
特に難しいことはありませんでした。

セロー225

取り付けが済んで、エンジンをかけたところまではよかったのですが、10秒ほどで
なぜかエンジンが止まってしまいました(- -);
再始動しようとしても全くかかる気配がありません。

え~、なんで!?いろいろ調べてみると、なぜかプラグに火が飛んでいません。
それから電気系統をいろいろ調べましたが、どこにも異常はないようです。
CDIを疑いましたが、CDIも正常ということが分かりました(- -);

もう調べるところは調べつくしたので、最後の手段、サービスマニュアルを購入しました。(約6000円!高っ!!)

で、マニュアルをみてびっくり。セローにはエキサイタコイルが2個あるようで、今回は片方の
コイルが断線していたようです。
(新品のコイルの抵抗を測ると、それぞれ600Ω、126Ωで、ひとつの同じコアに巻かれていたので
線径も同じだと考えると、高電圧と低電圧と2つの電圧を発生させて、エンジン回転数で使い分けて
いるのかもしれません。・・・あくまでも推測ですが。ちなみに今回断線していたのは高電圧を発生
させる方でした。今思うと確かに発生電圧が妙に低かったような・・・)

セロー225ステーターコイル

ということで、ステーターコイルを交換して修理は終了。
あとはキャブのセッティングを出せば終わりです。

そういうことなのでEさん、もうちょっとだけ待っててください!

コメント


認証コード8585

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional